医療

亀田和利

勤務先
福住整形外科クリニック
医師名
亀田和利

夢を叶えるには

自分のおばあちゃんはいつも入院していて、小さい頃おばあちゃんに会いにいくといったら、いつも病院でした。そこでお医者さんを見ると、「ああ、なんだか素敵な職業なんだな」という医師への憧れがありました。 しかし、お医者さんは、余程頭が良くないとダメだし、お金もかかるんじゃないかな・・?と別世界の話だと思っていました。しかし、友達がなんと医学部に行きたいというのです。なら、僕も行けるんじゃないかな・・? と思いました。もともと勉強は好きじゃないのですが、医学部に行けるかもしれないと思うと、一日中、家に帰ると勉強していました。どんどん成績が上がり、最後には医学部に合格しました。

医師になってよかったこと

医師になって良かったこと、それは患者さんが膝が痛くなって、時には歩けなくなる程痛くなることがあります。そして、このまま歩けなくなるんじゃないかな?と、とても不安がって病院にいらっしゃいます。 そういう患者さんに対して、注射やリハビリ、時には手術が必要になる場合もあります。そうして膝の痛みが取れると、とても感謝されます。「先生、膝の痛みがとれて旅行に行けることができたよ」「友達と一緒に散歩したよ」 などと喜ぶ声が聞こえます。お医者さんは、いっぱい勉強しないと駄目ですし、知識も必要です。しかし、そういう患者さんの声をきくと、とてもやり甲斐のあるお仕事だと思います。

亀田和利医師のプロフィール

2000年、札幌医科大学卒業後、同大学付属病院で臨床研修医として勤務。 2002年、札幌医科大学大学院医科学研究科に進学。細胞生理学を研究し2006年に医学博士号を取得。その後、 同大学附属病院で整形外科医として勤務、道内各地の病院で診療に当たる。2012年 苑田会 人工関節センター病院で、 人工膝関節置換術を学ぶ。その後、五輪橋整形外科病院 副院長を経て、2018年、「ほっと笑顔で安心できるクリニック」を目指し 福住整形外科クリニックを開院。現在、スタッフへの権限委譲を促進し、自ら考え目標を持って行動する自立成長型組織の構築を進めている。

勤務先について

勤務先名住所ホームページ
福住整形外科クリニック〒062-0042 札幌市豊平区福住2条1丁目2-5 イトーヨーカドー福住店 福住メディカル6階https://www.fukuzumiseikei.com/