医療

小暮裕之

勤務先
有明こどもクリニック
医師名
小暮裕之

夢を叶えるには

きっかけは小学校5年生の時の、祖父の死でした。癌だったのですが、もっと早く発見や治療はできなかったのかなという思いもあって、自分自身が医師を目指すきっかけにもなりました。 医学部に入るのは難しいとなんとなく知っていたので、中学高校大学と医学部がついているところへ中学受験で入り、高校生の時は特に中間テストや期末テストを頑張りながら、医学部に推薦で入れてもらうことができました。 医学部に入ってからの勉強は、難しくて量も多く、大変だったのですが、大学4年生の時に部活でトラブルがあり、 学校に行けない時期もあった経験から勉強を一生懸命頑張ろうと決断し、無事に6年生の時の国家試験の時には、余裕を持って合格することができました。 そのあと、自分が行きたかった研修病院で厳しいトレーニングを受けて、無事に医師として活躍できる夢を叶えました。

医師になってよかったこと

僕は小児科医になったのですが、小児科医は病気をみるだけではなく、予防から始まるんです。予防注射や健康診断や、成長発達に関わりながら子供達と一緒に、自分も歳を重ねていける。 (自分が)10年歳をとると、0歳だった子供が10歳になっていたり、その成長が凄く嬉しくなります。一生懸命、関われば関わる程、ご両親からも子供達からも喜ばれ、小児科医という仕事は、やりがいがあると思っています。

小暮裕之医師のプロフィール

2003年、獨協医科大学卒業後、総合病院国保旭中央病院に臨床研修医として勤務。2005年より国立成育医療研究センター総合診療部レジデント。2008年、総合病院国保旭中央病院に戻り、小児科医を務める。2009年、同院の主任医員、国立成育医療研究センター 放射線診療部放射線診断科の臨床研究員を併任。2010年、有明こどもクリニック有明院を開業し、2016年に豊洲院、2018年に勝どき院、2019年に田町芝浦院、フローレンス豊洲病児保育室を開業。「笑顔で安心して出産や子育てができる社会を創る」を理念として、多院展開を図っている。

勤務先について

勤務先名住所ホームページ
有明こどもクリニック〒135-0061 東京都江東区豊洲 5-5-18 ルミレイス豊洲1604https://child-clinic.or.jp/